水素の摂取のために|注目されている水素水でダイエット成功|肥満から卒業

注目されている水素水でダイエット成功|肥満から卒業

水素の摂取のために

コップ

水素を押し込んで密封

水には本来は微量の水素が含まれていますが、水素は軽いので水中から浮き上がり、すぐに空気に混ざってしまいます。したがって、川を流れている水や、水道の蛇口から出した水など、空気に触れる機会の多い水には、ほとんど水素が含まれていないと言えます。地中から湧き上がってきたばかりの泉の水を飲めば、ある程度の水素を摂取できます。しかし汲み上げてから時間が経過すればするほど、水素は抜けていってしまうのです。そのため現在では、圧力をかけることで水に水素を押し込み、なおかつ水素が漏れないように密封した高濃度水素水が注目されるようになっています。川の水や水道水と異なり、多くの水素を摂取できる上、泉の水よりも入手しやすいことから、高濃度水素水には高い需要があります。

健康上のトラブルの予防に

なぜ高濃度水素水がよく飲まれているのかというと、悪玉コレステロールの蓄積を防ぎやすくなるからです。悪玉コレステロールは、酸化により体内の随所にこびりつくようになるのですが、高濃度水素水を飲めば、酸化しにくくなります。酸化していない悪玉コレステロールは、細胞の栄養分として使われたり、善玉コレステロールによって肝臓に運ばれたりします。これにより、悪玉コレステロールの蓄積による動脈硬化や認知症、肥満といったトラブルを予防できるようになるのです。もちろん開封後には、押し込んだ水素が漏れていきますが、完全に失われるまでには数時間かかります。含まれている水素の量が多いほど、失われるまでの時間が長くなるので、時間をかけてゆっくりと飲みたい場合には、より水素濃度の高いものを選ぶことが大事です。